ファンデーションが厚塗りになっていませんか?

ファンデーションが厚塗りになっていませんか?

ファンデーションが厚塗りになっていませんか?

厚塗りで起こるデメリット
多くの女性が、ほぼ毎日のように塗っているファンデーション。
顔色をよく見せたり、シミやニキビなどのお肌トラブルをカバーできたりとファンデーションはとっても便利なアイテムですよね。
「もうファンデがないと外出できない!」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?
カバー力があってお肌を綺麗に見せてくれるファンデーションですが、お肌の欠点を隠そうとつい厚塗りになっていませんか?
確かにファンデは塗れば塗る程カバー力がアップする、かのように見えますが実際は違うんです。
ファンデの厚塗りをすることでお肌の透明感がなくなったり、実年齢よりも老けて見られたり、化粧崩れを起こしやすいといったデメリットがあるんですよ。
特に近年は、ナチュラルでツヤ感のあるお肌が好まれています。
しかしファンデを厚塗りすると、どんどんナチュラルからもツヤ感からも遠ざかってしまうのです・・。
これまでファンデをガッツリ塗っていた方は、いきなり薄塗りに変えるのに抵抗があるかもしれません。
でも試しに薄塗りしてみると、案外そちらの方がお肌が綺麗に見えるかもしれませんよ。
自然で薄付きな仕上がりなのに、気になる所はしっかりカバーできるファンデーションの塗り方をマスターして、厚塗りから卒業してみましょう!

 

ファンデが厚塗りにならないテクニックを教えて!

ファンデを厚塗りしないためには、まず下地の存在が欠かせません。
下地の選び方、塗り方次第でファンデの仕上がりをも大きく左右するんですよ。
オススメの下地は、ご自分の素肌よりも少し明るい色です。
もともとあまり顔色がよくない方は、パールが入ったものやピンクベージュ系のものがオススメです。
まずは下地を顔全体に塗っていきましょう。

 

下地を塗り終えたら、いよいよファンデーションです。
ファンデが厚塗りになっている方の多くは、ファンデの量が多すぎます。
1度に使うファンデは、小豆大程度で十分なんですよ。
1回分のファンデを手の甲に出し、500円硬貨ほどの大きさに広げて行きましょう。
そして顔の中心から外に向かってファンデを広げて行きます。
事前に手の甲でファンデを伸ばす事で、ムラなく仕上がり1度に使う量も抑えられますよ。
顔全体にファンデを伸ばしたら、ティッシュを顔全体に軽く押し当てて余分なファンデを吸い取ってあげましょう。
この手間を挟む事で、ナチュラルな仕上がりが手に入ります。
これだけではシミやクマが隠しきれない・・という場合は、コンシーラを使って気になる部分だけカバーしましょう。
最後はフェイスパウダーを軽くはたいて完成です。

 

いかがでしたか?
最初は今までよりも薄いファンデに戸惑うかもしれません。
しかし客観的に自分の顔を見てみると、厚塗りよりも自然な仕上がりの方が確実にお肌が綺麗に見えるはずです。
ファンデの厚塗りを卒業するには、下地選びとファンデの量がポイントです。
是非ファンデが厚塗りにならないテクニックをマスターしてみてくださいね。
オルビス スムースマットベースはナチュラルなので部分下地では最適ですよ。

ファンデーションが厚塗りになっていませんか?関連ページ

マットな陶器肌になりたいのに毛穴が目立つ肌
マットな陶器肌になりたいのに毛穴が目立つ!どうしたらいい?!
テカりが気になる人にオススメ!下地の選び方
テカりが気になる人にオススメ!下地の選び方
下地の必要性
下地の必要性って?上手なベースメイクの方法とは
部分下地と全体下地
部分下地と全体下地って?その使い分け方とは
目の下のクマはマッサージで解消!
目の下のクマはマッサージで解消!
ミネラルファンデーションに配合される”オキシ塩化ビスマス”
ミネラルファンデーションに配合される”オキシ塩化ビスマス”について
ナチュラルメイクをすると老けて見える!?
ナチュラルメイクをすると老けて見える!?こんなメイクをしていませんか?